高圧ガス販売主任者とは?第一種と第二種の違いとできることって何?

高圧ガス販売主任者とは?第一種と第二種の違いとできることって何?

「高圧ガス販売主任者ってどうやって取得する?」「高圧ガス販売主任者一種と二種の違いって?」
「高圧ガス販売主任者取得すると何ができるの?」

こういった疑問に答える記事になります。

本記事でわかる事。
  • 高圧ガス販売主任者とは?
  • 高圧ガス販売主任者第一種と第二種の違い?
  • 高圧ガス販売主任者資格概要

上記の内容について解説していきます。



高圧ガス販売主任者とは?


高圧ガス販売主任者は、高圧ガス災害を防止するために、高圧ガスの販売業務にたずさわる際に必要となる国家資格です。都道府県知事による試験に合格することで取得できます。

高圧ガスは文字通り圧力が高いガスのことで、液化石油ガスやプロパンなどを指します。高圧ガスは工業や医療など、幅広い産業で使用されていますが、取り扱い方を間違えると大事故や災害に繋がります。

そのため、高圧ガスの販売業務に従事するには高圧ガス販売主任者の資格が必要です。仕事内容は高圧ガスの販売所で専門の知識と技能を持って保安管理を行います。

この資格には第一種と第二種があり、第二種は家庭などに供給しているLPガスのみ第一種は販売可能な高圧ガスすべての保安管理が可能です。

資格試験には年齢や性別、学歴などの受験資格はないため、誰でも受験ができます。

ガス関連の仕事に就きたい方だけでなく、ガス関連企業に勤務している方は取得しておくと給与アップや転職に有利になるため、近年受験者が増えている資格です。

高圧ガス販売主任者第一種と第二種の違い

高圧ガス販売主任者第一種と第二種の違いについて詳しく解説していきます。
「第一種」と「第二種」の違いについては、販売できるガスの種類の違いです。

「第二種」はLPガス(液化石油ガス)向け、「第一種」はLPガス以外の一般ガス向けです。

ただし、免状があっても高圧ガスを販売する販売所の販売主任者になるには、ガスの種類ごとの実務経験が必要です。
ペーパードライバーではダメだということです。ただし、これは会社に入ってからでも経験を積めば大丈夫です。

第一種販売主任者免状保持者

①高圧ガスを販売する販売所において、「この免状+所定の製造又は販売に関する6ヶ月以上の実務経験」があれば、「販売主任者」になることができます。

ただし、販売主任者が必要とされているのは、以下のガスを販売する販売所に限られます。以下に記載のないガスを販売する場合には、販売主任者の選任は必要ありません。(高圧ガス保安法/一般高圧ガス保安規則第72条)

(アセチレン、アルシン、アンモニア、塩素、クロルメチル、五フッ化ヒ素、五フッ化リン、酸素、三フッ化窒素、三フッ化ホウ素、三フッ化リン、シアン化水素、ジシラン、四フッ化硫黄、四フッ化ケイ素、ジボラン、水素、セレン化水素、ホスフィン、メタン、モノゲルマン及び、モノシラン)

②モノシランなどの特殊高圧ガスを消費する事業所等の「特定高圧ガス取扱主任者」に選任されることができます。こちらについては、実務経験は問われません。(高圧ガス保安法/一般高圧ガス保安規則第73条第3号)

第二種販売主任者免状保持者

①LPガスを工場などで使用する事業所に対してLPガスを販売する「販売所」の販売主任者に選任されることができます。第一種販売主任者免状のところでも書いたように、「この免状+LPガスの製造または販売に関する6ヶ月以上の実務経験」が必要とされます。

(高圧ガス保安法/液化石油ガス保安規則第72条)

②LPガスを一般家庭などで消費する消費者に販売する「販売事業所」の業務主任者または業務主任者の代理者に選任されることができます。こちらは、「この免状+LPガスの販売に関する6ヶ月以上の実務経験」が必要となります。

(液化石油ガス法/施行規則第22条、第25条)

高圧ガス販売主任者資格概要

ホームページ・受験申込・問合せ

高圧ガス保安協会試験センター

願書受付期間

8月下旬~9月上旬頃まで

受験資格

制限なし

身体上の障害等に係る特別措置について

身体に障害があるなど、試験当日、試験教室内において特別の配慮が必要な方は、あらかじめ担当試験事務所にご相談ください。

試験日程

11月上旬頃
(液化石油ガス設備士筆記試験合格者は12月上旬頃)

受験地

全国約65箇所にて実施。

受験料

第一種販売責任者

インターネット受付・・・・7,400円
書面受付・・・・7,900円

第二種販売責任者

インターネット受付・・・・5,700円
書面受付・・・・6,200円

試験内容

第一種販売責任者

  • ① 高圧ガス保安法に係る法令(60分)
  • ② 高圧ガスの販売に必要な通常の保安管理技術(120分)

第二種販売責任者

  • ① 高圧ガス保安法および液化石油ガス法に係る法令(60分)
  • ② 液化石油ガスの販売に必要な通常の保安管理技術(120分)

免除(科目等)について

第一種販売責任者

  • 高圧ガス製造保安責任者(丙種化学/特別)取得者で、第一種販売講習修了者は、全科目免除
  • 高圧ガス製造保安責任者(丙種化学/特別)取得者は、法令が免除
  • 第一種販売講習修了者は、保安管理技術が免除

第二種販売責任者

  • 高圧ガス製造保安責任者(丙種化学/特別)取得者は、法令(高圧)が免除
  • 石油ガス設備士取得者は、法令(液石)が免除。
  • 高圧ガス製造保安責任者(丙種化学/特別)取得者で、液化石油ガス設備士取得者は、法令(高圧+液石)が免除
  • 種販売講習修了者は、保安管理技術が免除。
  • 高圧ガス製造保安責任者(甲種化学)取得者は、法令(高圧)と保安管理技術が免除
  • 高圧ガス製造保安責任者(甲種機械)取得者は、法令(高圧)と保安管理技術が免除
  • 高圧ガス製造保安責任者(乙種化学)取得者は、法令(高圧)と保安管理技術が免除
  • 高圧ガス製造保安責任者(乙種機械)取得者は、法令(高圧)と保安管理技術が免除
  • 高圧ガス製造保安責任者(丙種化学/液石)取得者(昭和51年2月22日移行に限る)は、法令(高圧)と保安管理技術が免除
  • 高圧ガス製造保安責任者(丙種化学/特別)取得者で、第二種販売講習修了者は、法令(高圧)と保安管理技術が免除
  • 第二種販売講習修了者で液化石油ガス設備取得者は、法令(液石)と保安管理技術が免除
  • 高圧ガス製造保安責任者(甲種化学)取得者で液化石油ガス設備取得者は、全科目が免除
  • 高圧ガス製造保安責任者(甲種機械)取得者で液化石油ガス設備取得者は、全科目が免除
  • 高圧ガス製造保安責任者(乙種化学)取得者で液化石油ガス設備取得者は、全科目が免除
  • 高圧ガス製造保安責任者(乙種機械)取得者で液化石油ガス設備取得者は、全科目が免除
  • 高圧ガス製造保安責任者(丙種化学/液石)取得者(昭和51年2月22日移行に限る)で液化石油ガス設備取得者は、全科目が免除
  • 高圧ガス製造保安責任者(丙種化学/特別)取得者で第二種販売講習修了者で液化石油ガス設備取得者は、全科目が免除
  • 高圧ガス製造保安責任者(丙種化学主任者)取得者(昭和51年2月22日移行に限る)は、全科目が免除
  • 高圧ガス製造保安責任者(乙種化学主任者)取得者(昭和36年~38年の当該試験に合格したもので、丙種化学作業主任者免状と見なすものに限る。)は、全科目が免除

まとめ

各種高圧ガスの販売所、ガス配管工事の設計・施工会社、エネルギー供給事業関連など、
さまざまな活躍の場があります。高圧ガス販売主任者を求めている求人が多数見つかり、ニーズが非常に高い資格です。

受験資格がない資格ですので、ガス関連の仕事にすでに就いている方、
未経験の方も是非チャレンジしてみてはいかかでしょうか。

高圧ガス販売主任者試験対策についてに記事になります。