液化石油ガス設備士の勉強方法って?将来性ってあるの?

液化石油ガス設備士の勉強方法って?将来性ってあるの?

「液化石油ガス設備士ってどんな資格?」「液化石油ガス設備士の試験って難しい?」
「液化石油ガス設備士試験勉強ってどうすればいい?」「液化石油ガス設備士って将来性ある資格?」

こういった疑問に答える記事になります。

液化石油ガス設備士の将来性ですが、プロパンガスの需要は都市では減少していますが、
都市ガスへの置き換え工事は液化石油ガス設備士の有資格者のみが行えるため、
ニーズが無くなることはないと思います。

資格取得者が年々減少している傾向ですが、逆にそこがアドバンテージと考えられます。

本記事でわかる事。
  • 液化石油ガス設備士の将来性
  • 液化石油ガス設備士とは?
  • 液化石油ガス設備士資格概要
  • 液化石油ガス設備士試験勉強法





液化石油ガス設備士資格の将来性


液化石油ガス設備士の年収は、ガス関連の資格の中でも比較的高めであり、
資格手当を支給する企業もあります。

また、夜間の出勤分の手当がつくなど、待遇もしっかりしているところが多いようです。
もちろん、働く企業により収入に差がありますが、全体的に見て年収が安定している職業といえます。

プロパンガスの需要は都市では減少していますが、都市ガスへの置き換え工事は
液化石油ガス設備士の有資格者のみが行えるため、ニーズが無くなることはないでしょう。

資格取得者が年々減少していますが、逆にそこがアドバンテージと考えられます。

ガスは電気や水道と同様に私たちの生活に不可欠であり、社会や経済を支える重要なインフラのひとつです。
インフラ業界は他業界よりも安定しているので、長期間にわたって安心して働ける
と言えます。

液化石油ガス設備士とは?


ガスは都市ガスとLPガスに大別されますが、LPガスは別名プロパンガスと呼ばれ、
容器(ガスボンベ)に充填された液化されたガスを指します。

液化石油ガス設備士は、対象となるLPガス、すなわち液化石油ガスの
供給設備などの工事に携わるために必要な資格
です。

具体的には、一般家庭などで使用するLPガスの供給設備の設置工事、
硬質管相互の接続、気密試験の作業
などを行います。

プロパンガスのガス栓と配管作業はわずかのミスが大事故につながる
危険性を伴う仕事のため、有資格者でなければこれらの業務を行うことができません。

資格を取得するには、国家試験を受ける方法と、1年以上の実務を経験してから
高圧ガス保安協会が実施する講習会を受講
する2種類の方法があります。

なお、免状の交付を受けた年度の翌年度4月から3年以内に再講習を受ける必要があります。
それ以降は5年に1回の再講習が義務付けられています。

液化石油ガス設備士資格概要

液化石油ガス設備士資格概要を以下にまとめました。

液化石油ガス設備士資格概要
ホームページ・受験申込・問合せ高圧ガス保安協会
受験資格試験

制限なし

講習

制限なし

願書申込み受付期間8月下旬~9月上旬頃まで
受験料(税込み)試験

  • インターネット受付・・・・20,900円
  • 書面受付・・・・21,400円

講習

  • 筆記試験・・・・15,800円
  • 技能試験・・・・19,700円
試験日程筆記・・・・11月上旬頃

実技・・・・12月上旬頃

講習・・・・詳細日程は年間スケジュールをご確認ください。

受験地技能試験・講習

全国約49箇所にて実施。

試験内容筆記試験
法令(択一式/60分)

  • ① 供給設備及び消費設備の保安に関する法令及び関係法令

 

配管理論等(択一式/90分)

  • ① 液化石油ガスに関する基礎知識
  • ② 液化石油ガス設備工事に必要な機械、器具又は材料に関する知識
  • ③ 配管理論、配管設計及び燃焼理論
  • ④ 液化石油ガス設備工事の施工方法
  • ⑤ 供給設備及び消費設備の検査の方法

技能試験

  • ① 配管用材料及び工具の使用
  • ② 硬質管の加工及び接続
  • ③ 器具等の取り付け
  • ④ 気密試験の実施
  • ⑤ 漏えい試験の実施

(電動ねじ切り機の場合/60分)、手動ねじ切り機の場合/75分)

講習(3日間/講義:19時間、実習:2時間)

  • ① 法令
  • ② 法令・LPガスの基礎・配管理論・施工方法・検査の方法
  • ③ 検定試験:筆記(法令、配管理論など)、技能試験(配管工事の実技)
免除(科目等)について前年度の筆記試験合格者は、本年度申請を行うことにより、
筆記試験が免除されます。
身体上の障害等に係る特別措置について身体に障害があるなど、試験当日、試験教室内において
特別の配慮が必要な方は、あらかじめ担当試験事務所に
ご相談ください。
合格後の更新について液化石油ガス法施行規則第109条に基づき、免状の交付を受けた年度の
翌年度の開始の日から3年以内に1度、再講習を受けた日の属する年度の
翌年度の開始の日から5年以内に1度、
液化石油ガス設備士再講習を
受講する必要がありますが罰則規定(免状の返納や失効)はありません。

液化石油ガス設備士試験勉強法


国家試験は独学でも十分合格可能ですが、試験科目が比較的多く
範囲も広いので覚えるだけでも一苦労
です。

試験対策に重要な点を繰り返し、強調して教えてくれるので講習の受講もおすすめです。

講習を受講した場合、筆記試験は法令と配管理論の2科目だけですので、
講習でチェックしたポイントと、過去問を繰り返し復習することで合格点に届きやすいです。

技能試験に関しては、かなり配管工事実務の経験がある人以外は、
一発で不合格になる項目もあるので注意が必要です。

例えば、寸法違いは小さな減点で済みますが、
材料の追加請求は大幅に減点
され、漏れは一発でアウトです。

そのため、できれば教本を見ないでも手が動くところまで
覚え込むくらいの準備をしておくといい
です。
「体に覚えさせる」ってことです。

なぜなら、途中でミスれば修正の時間がなく時間切れとなる場合もあるからです。

技能試験に関しては、工事に使用する機材や練習用の材料が必要で、
施工経験も必要なので、ほとんどの受験者が働きながら試験に挑戦しているのが実状
です。
そのため技能は働きながら身につけているという人が大半ではないかと思います。