測量士・測量士補資格

測量士・測量士補資格

【スポンサーリンク】



測量士・測量士補とは?

測量士とは、建設・土木工事を行う土地について、位置・距離・面積を測量する仕事です。業務独占資格の国家資格となり、測量業者は資格保有者の配置が義務付けられています。測量士になるには、学校で知識や技能を修得する方法と試験に合格する方法の大きく2つが存在します。

測量士・測量士補資格概要

受験資格

制限なし

試験内容

●測量士
□午前:択一式:28問/2時間30分、
□午後:記述式[必須1問、選択4題中2題選択]/2時間30分)

① 測量に関する法規及びこれに関連する国際条約
② 多角測量
③ 汎地球測位システム測量
④ 水準測量
⑤ 地形測量
⑥ 写真測量
⑦ 地図編集
⑧ 応用測量
⑨ 地理情報システム

●測量士補(3時間)

① 測量に関する法規
② 多角測量
③ 汎地球測位システム測量
④ 水準測量
⑤ 地形測量
⑥ 写真測量
⑦ 地図編集
⑧ 応用測量

合格基準

●測量士

以下の①と②の双方の基準を満たす者が合格となります。

午前の択一式の点数が700点満点中、400点以上
午前の点数と午後の点数の合計が1400点満点中、910点以上

●測量士補

700点満点中、400点以上

免除(科目等)について

□下記、いずれかに該当する者は、無試験で測量士の資格を得られます。

文部科学大臣の認定した大学において、測量に関する学科を修了後、卒業し、測量に関する実務経験を1年以上有する者。
文部科学大臣の認定した短大、高等専門学校において、測量に関する学科を修了後、卒業し、測量に関する実務経験を3年以上有する者。
国土交通大臣の登録を受けた測量に関する専門の養成施設(期間1年以上)を修得し測量士補となった後、測量に関して2年以上の実務経験者。
測量士補で、国土交通大臣登録の測量専門の養成施設において、専門知識を習得した者。
【スポンサーリンク】


身体上の障害等に係る特別措置について

身体に障害等のある方については、受験願書提出前に国土地理院総務部総務課まで照会し、受験願書提出の際、「特別措置に関する申請書(word)」及び障害の症状・程度を証明する書類(身体障害者手帳の写し等)を添付して下さい。

受験申込・問合せ

国土交通省国土地理院総務部総務課 試験係 029-864-8214・8248

ホームページ

国土交通省国土地理院

願書申込み受付期間

4月中旬~5月中旬頃まで

試験日程

9月中旬頃

受験地

北海道、宮城、秋田、東京、新潟、富山、愛知、大阪、島根、広島、香川、福岡、鹿児島、沖縄

受験料

●測量士・・・・4,250円(収入印紙)
●測量士補・・・・2,850円(収入印紙)

合格発表日

11月上旬頃