測量士・測量士補資格の合格率は?気になる仕事内容と年収は?

測量士・測量士補資格の合格率は?気になる仕事内容と年収は?

【スポンサーリンク】



測量士・測量士補資格の合格率、試験の難易度について、調べてみました。この資格が有ればどんな仕事につけるのか、平均年収はどれくらいなのか参考になれば幸いです。

測量士・測量士補資格の合格率と難易度は?

測量士★★★☆☆(普通)。
測量士補★★☆☆☆(やや易しい)。
近年合格率は、
測量士:7.7%
測量士補:30.3%ほど。
測量士補を取得して測量士事務所で経験を積み(またはその逆)、測量士にステップアップするのが確実です。
【スポンサーリンク】


測量士・測量士補資格気になる就職は?

測量士事務所や建築業界。測量士を持っていれば資格だけでも就職はOK。建築業界での評価は高い。

測量士・測量士補資格の仕事内容は?

測量士と測量士補では従事できる仕事内容が異なります。測量士補は、測量士の作成した計画に従って行う測量業務に限定されるのに対し、測量士は、測量作業の主任者として測量計画作成まで担当します。

測量士・測量士補資格の年収は?

測量技術者の平均年収は463.1万円(賞与込)です。

2020年 男性 給料

平均年収:472.6万円
平均月収:33.4万円
平均時給:1,867円
年間賞与等:71.5万円
平均年齢:45.0歳
平均勤続年数:13.0年

2020年 女性 給料

平均年収:356.7万円
平均月収:25.7万円
平均時給:1,482円
年間賞与等:47.2万円
平均年齢:36.0歳
平均勤続年数:8.7年

(2020年:厚生労働省「賃金構造基本統計調査」より)

測量士・測量士補資格の合格率は?気になる仕事内容と年収は?まとめ

測量士補の資格は、国家資格としては、難易度はそこまで高くはなっていませんが、「簡単」と言われるわりに合格率が低いですよね。測量士補試験は、過去問をこなすことができれば十分合格できるらしいですが、出題範囲も広く、計算問題も約30%ほど出題されるので、数学が苦手な方や、長らく数学から離れていて公式等を忘れてしまっている方にとっては難しくなってしまうと思います。しかし、3人に1人は受かる試験なので、計画的に勉強すれば合格できると思います。