作業環境測定士試験って難しい!?おすすめテキストや試験対策はどうすればいい?

作業環境測定士試験って難しい!?おすすめテキストや試験対策はどうすればいい?

「作業環境測定士試験受けたいけど、試験って難しい?」「どんなテキストで勉強するの?」
と疑問を抱いてる方向けの記事になります。

本記事でわかる事。
  • 作業環境測定士おすすめテキスト
  • 作業環境測定士の効果的な勉強法

上記の内容について解説していきます。




作業環境測定士の資格概要記事は下記になります。
   ↓    ↓    ↓

作業環境測定士おすすめテキスト

作業環境測定士の試験に合格するには、

ズバリ「過去問を繰り返す!」

コレが最も近道だと言えます。

created by Rinker
オーム社
¥7,650 (2021/10/28 23:06:38時点 Amazon調べ-詳細)

この問題集は、過去5回分の試験問題が掲載されており、解答と分かりやすい解説が載っています。

この問題集に掲載されている過去5回分の問題を解いておくと、似たような選択肢があるため、
問題の傾向と対策ができ、この一冊を最低3回解けば、比較的簡単に合格できます。

問題文の直ぐ下に解答解説が掲載されているため、解答解説ははがきサイズの紙などで隠し、
問題を解いてから解答解説を読むようにすると、効率よく勉強できると思います。

また、「労働衛生一般」「労働衛生関係法令」について更に知識を蓄えたい方は、
「衛生管理者」の問題から出題されているため、「衛生管理者」の問題集を解いておくと、
より深く勉強ができます。

作業環境測定士の効果的な勉強法

労働衛生一般について

暗記して確実に覚えることをおすすめします。

前半、「化学物質の吸収、代謝、蓄積」、「有害物質・化学物質と障害」、「有害物質とがん」、
「金属と障害」、「鉱物性粉じんと障害」、「有機溶剤の健康障害」などの問題は、
化学物質や粉じんの種類が、どのような病気を引き起こすかを確実に暗記します。

また、ベンゼンが白血病を引き起こす問題は頻出問題なので、確実に暗記しましょう。

後半の「排気装置」や「保護具」の問題は、排気装置の種類や特徴、
防毒マスクの種類(色と対象物質)を系統的に覚えていきます。

労働衛生関係法令について

前半の「衛生管理体制」や「健康診断」は、事業所の人数に応じて法律の効果が
変わって来ることに気を付ける必要があります。

後半の「作業環境測定」の問題は、対象物質ごとに測定期間が異なる点、
排気装置の自主点検期間の違いなどをしっかりと覚えておくことで、しっかりと点数を取ることができます。

前半は実務とは無関係なので暗記を確実にし、後半は、実務経験者は多少有利かもですが
しっかり勉強すれば十分対応できます。

デザインサンプリングについて

問題を解きながら、サンプリングをイメージすることができる点が有利です。

過去問を数回解き、確実な知識にすることが重要です。

特に「試料の捕集方法」は頻出問題なので、確実に暗記です。

分析に関する概論について

高校程度の化学がわかるかたなら特に問題はありませんが、
わからない方は、少し気合を入れて勉強していくことをおすすめします。

また、分析機器に関しては、繰り返し過去問をとき暗記していくことです。

まとめ

作業環境測定士の試験勉強は、「暗記」が肝です。

なので、おすすめ過去問は最低3周くらいは繰り返し解くことをおすすめします。

作業環境測定士の資格に興味があって、暗記が得意なかたは、作業環境測定士の資格に
挑戦してみていかがでしょうか?