日商簿記2級偏差値の割に激ムズ!?合格率がすごく低くなったワケとは?

日商簿記2級偏差値の割に激ムズ!?合格率がすごく低くなったワケとは?




おはようございます。サイト運営者の山です。

第158回日商簿記2級試験を受験された方、お疲れ様でした。

今回の試験後もTwitter上では、

Aさん

日商2級なんて2度と受けるか
#日商簿記2級

 

Bさん

日商簿記2級試験の試験問題の難化が進んでいるが、絶対評価70点では、厳しいし落ちる人多いと思う。6割通ればOKという試験も結構多い。簿記の基礎知識があるという意味で日商簿記検定なのに、難関資格になることには意味があるのだろうか? #日商簿記2級

 

Cさん

数年で変わったこと
時間短縮
受験料値上げ
改定ラッシュ
予想だにしない鬼畜超難問出題傾向
#日商簿記3級
#日商簿記2級

 

と言った声が多く、特に最近は連結会計も1級の範囲から追加されて難しくなったと感じています。

 

どれくらいの覚悟をもって受ければいいのか、偏差値はどれくらいか、少しでも難易度を下げる方法は無いのか、受験者なら気になるであろう情報をまとめていきます!

 

日商簿記2級を効率よく勉強する方法は、下記になります。
↓    ↓    ↓    ↓



日商簿記2級の難易度・合格率・合格点

簿記2級の合格点とは?

日商簿記2級は、商工会議所のホームページによると
以下のようなレベルだと定められています。

商工会議所の検定試験

高度な商業簿記・工業簿記(原価計算を含む)を修得し、財務諸表の数字から経営内容を把握できるなど、
企業活動や会計実務を踏まえ適切な処理や分析を行うために求められるレベル

つまり、職場で生かすことができる十分な経理能力がある

ということです。

合格点は7割に当たる70点となっています。

試験日程は毎年2月・6月・11月の年3回の試験が行われ、1年間で延べ14万人が
受験する非常に人気がある資格となっています。

毎年3回も試験が行われるので、仮に不合格になっても
次の試験に切り替えやすいのも特徴です。

簿記2級の合格率は?

合格率に関して調べた記事は下記でご確認ください。

記事を読んでくださった方には、お分かりかと思いますが、合格率の変動が大きく、
最低合格率8.6%~最高合格率29.6%まで回によって大きく幅があることがわかります。

また、直近10回の2級平均合格率は20.17%となっており、
単純計算で10人に2人しか合格できないことになります。

日商簿記2級は難しい

統計からみたデータを覗いてみても、単純に簿記2級は決して
難易度の低い試験ではありません。

ネックは工業簿記

3級で扱う商業簿記は多少計算問題もありましたが、どちらかというと理解+暗記(記憶)が主でした。
そのため覚えてしまうのが得意な方は短期間で詰め込む一夜漬け的な学習が通用しました。

しかし2級になってくると工業簿記と呼ばれる工場をメインとした取引が生じます。
こちらは商業簿記以上に計算をすることになり、完全に数学・算数的な思考が必要になり
苦手意識を持つ方が増えるように感じています。

計算問題は根本的な理解が必要で一夜漬けで乗り越えるのはほぼ無理なので
あらかじめ対策をしておかないとです。

商業簿記にも計算力が…

工業簿記だけでなく商業簿記でも3級と比較して減価償却の方法が増えたり、
有価証券の洗い替えや評価替えを行ったりと計算問題が増え、
加えて取引も増えるので覚える量が増えてきます。

この計算も慣れなければ複雑でなかなか点が取れません・・・。

いずれにしても正しく正確に計算する必要があり、電卓の正しい使い方がかなめ
なってくるので今まで暗記に頼っていた方こそ意識の転換が必要です。

合格率が低くなるワケとは?

資格別偏差値ランキング

偏差値77:司法試験、公認会計士
偏差値76:司法書士
偏差値75:弁理士、税理士、司法試験(予備)
偏差値74:不動産鑑定士
偏差値71:ITストラテジスト(ST)
偏差値70:システム監査技術者(AU)
—–超難関の壁—–
偏差値69:プロジェクトマネージャ(PM)、アクチュアリー、国連英検特A級、英検1級
偏差値68:システムアーキテクト(SA)、ITサービスマネージャ(SM)、オラクルマスタープラチナ
偏差値67:中小企業診断士、高度情報処理技術者(論文課題がない区分)、日商簿記1級
偏差値66:知的財産管理技能士1級、ビジ法1級
偏差値65:社会保険労務士(社労士)、応用情報技術者(AP)
偏差値64:土地家屋調査士、オラクルマスターゴールド
偏差値62:行政書士、マンション管理士、国連英検A級、英検準1級
—–難関の壁—–
偏差値59:通関士
偏差値58:管理業務主任者、FP技能士1級、日商簿記2級(偏差値54からアップ)
偏差値57:宅地建物取引士(宅建)、全経上級、TOEIC700点
偏差値56:建設業経理士1級
偏差値55:英検2級、オラクルマスターシルバー
偏差値54:日商PC1級、ビジ法2級
偏差値53:貸金業務取扱主任者、土地区画整理士、P検1級
偏差値51:知的財産管理技能士2級、英検準2級
※自動車運転免許は偏差値35とした場合

近年、日商簿記2級の偏差値は、少しずつ上がって来ています。

だんだん、難しくなってきてるので、受験を検討中の方は、
早めに受験することをお勧めします。

簿記2級の合格率が低い理由①

日商簿記の公式サイトでは、「日商簿記2級は大学推薦入試で役立ちます」
という趣旨の記載があります。

つまり、日商簿記2級の受験層は高校生として考えられており、
実際の難易度は高校卒業レベルのはず。

そのため、将来経理などの事務職を目指して簿記2級に挑戦する
高校生が非常に多く、受験者数が毎年多くなってます。

受験者がたくさん合格すれば、合格率は上がるでしょうが、近年のデーターでは、
10人に2人程度なので難易度は、高校生卒業レベルでもしっかり
試験対策しないといけないですね!

簿記2級の合格率が低い理由②

簿記2級の合格率は、先ほど見た通り合格率が上がった回の次の回は
下がる傾向にあります。

合格率が大きく上下している理由として、簿記2級は70点取れば受かる絶対評価の試験であるため、
難易度の低い簡単な問題が出た回は合格者も増える一方、難問・奇問が出てきた回は
得点率が低くなり結果的に合格率も下がることが挙げられます。

また、本来通常の資格試験では、合格率が一定の水準になるように
問題の難易度に差は出ないように作るのが基本ですが、簿記2級に関しては
非常に難易度が高く誰も解けないような問題が出題される「はずれ回」が存在します。

当然、運悪くこういった難易度が高い回に受験してしまうと、
「簿記2級は難しくなった」と思ってしまう受験生が多く出ます。

そのため、簿記が難化したという噂が広まってしまっているのです。

簿記2級の合格率が低い理由③

簿記2級は、2015年に3年間かけて出題範囲の大幅改定を
行うことが決定されました。

従来では1級の範囲であった「リース取引」外貨建取引」「その他有価証券の処理」「税効果会計」
「本支店会計」「連結会計」「連結会計 アップストリーム」などが2級の試験範囲に追加され、
難易度が上がりました。

実際、2019年の2月の行われた試験では「複数子会社を持つ連結会計の処理」が出題され、
試験の出題範囲が広がり試験自体が難化したと思った受験生は多かったのではないでしょうか?

まとめ

偏差値の割に合格率が低いわけ

  • 法改正により簿記1級の問題が出るようになった
  • 難題・奇題が出る「ハズレ回」がある
  • 受験者数が多い

これから、日商簿記2級に挑戦される方は、上記の事を頭の片隅に置いといて
試験対策するほうが良いかと思います。

最近、私が書いた日商簿記2級試験対策のテキスト選びの記事が
人気が出始めてます。テキスト選びに困ったら下記にまとめてますので
参考にどうぞ!