危険物取扱者取得難易度

危険物取扱者取得難易度

【スポンサーリンク】



危険物取扱者の資格取得難易度について、調べました。この資格があればどんな仕事につけるのか、
平均年収はどれくらいなのか参考になれば幸いです。

危険物取扱者取得難易度

 危険物取扱者取得難易度は?

★★★☆☆(普通)。~★★☆☆☆(やや易しい)。
近年合格率は、甲種:43.8%、乙種計:45.2%、丙種:55.2%ほど。

危険物取扱者就職は?

化学工場、ガソリンスタンドなどの石油関連施設など。危険物を扱う現場では昇格・昇級などを合わせ、活躍が期待できます。

危険物取扱者仕事内容は?

危険物を扱う取り扱う施設で取扱い作業および、その場の立ち会い、安全のための点検・整備・教育などを行います。

危険物取扱者年収は?

色々比較してみると、危険物取扱者の平均年収は500~600万円程度であることが多いようです。ただし、就職した企業の規模や、携わる業務によって金額は違います。

たとえば、危険物運搬を行うタンクローリードライバーの場合、年収は350~500万円程度ですが、運転する距離や運搬する危険物の種類、残業や資格手当の有無で年収は上下します。

甲種の人はどの危険物でも扱えるだけではなく、危険物保安監督者として危険物施設の管理者に選任された際には、講習を受けずに「甲種防火管理者」の資格者となることが可能です。

このように、総合的な管理を求められるマネジメント職や、薬品などを扱う技術・研究職では甲種危険物取扱者の求人が多く、業務の重要さから年収は高くなります。

乙種の場合、危険物の約8割を扱うといわれる乙4類を取得していれば、危険物取扱者を求めている企業のニーズに広く応えられます。また、乙種でも立会いができるため、免状を取得している種類の危険物保安監督者になれます。

ただし、乙4は一番人気のある資格で取得者も多いため、正社員として就職するか、パートや派遣で働くかによって収入も変わってくるでしょう。

危険物取扱者についてまとめ

危険物取扱者についてまとめ

ガソリンスタンドはもちろん石油化学薬品を扱う企業などにおいて、さまざまな形で危険物取扱者は仕事をしています。

タンクローリー運転手のように自分自身でガソリンなどを扱うのであれば丙種を取得していれば働くことができます。ただし、「将来的に危険物施設の管理をしたい」といった具体的な目標があるなら、やはり甲種や乙4をはじめとした乙種まで取得することがおすすめです。

危険物取扱者についてまとめ

甲種・乙種の有資格者は実務経験6ヵ月以上で危険物保安監督者になれる
大学等で化学を専攻していた人は乙種の免状がなくても甲種を受験できる
危険物取扱者は需要の多い国家資格。大型免許があれば就職に有利

危険物取扱者は、危険物を扱うという業務の性質から注意力や責任感が必要とされますが、その分やりがいのある仕事でもあります。

甲・乙・丙の3種類の中でも乙種と丙種には受験資格がないので、危険物取扱者に興味を持った人はぜひ挑戦してみてください。

危険物乙四と相性が良い資格の記事なります。