基本情報技術者試験(FE)っていつ?気になる合格率と取得メリットとは?

基本情報技術者試験(FE)っていつ?気になる合格率と取得メリットとは?

「基本情報技術者試験っていつ?」「この資格試験の合格率は?」「基本情報技術者試験合格するとどんなメリットがあるの?」

こういった疑問に答える記事になります。

本記事でわかる事
  • 基本情報技術者試験(FE)とは?
  • 基本情報技術者試験概要
  • 基本情報技術者試験の合格率
  • 基本情報技術者取得のメリット

上記の内容について解説していきます。



基本情報技術者試験(FE)とは?


基本情報技術者試験(FE)は、情報処理推進機構(IPA)主催、経済産業省の認定する国家試験です。

内容は、コンピュータシステムなどのテクノロジ系、マネジメント系、そして経営や法務に関わるストラテジ系まで。出題分野の広さは、同じく情報処理推進機構主催の「ITパスポート試験」「応用情報技術者試験」と同様で、全体的なITに関するものとなります。

ただし、ITパスポート試験をレベル1とすると、応用情報技術者試験はレベル3基本情報技術者試験はレベル2で、ちょうどITパスポート試験と応用情報技術者試験の中間に位置する資格です。
ITパスポート試験概要記事は、下記になります。

基本情報技術者試験概要


基本情報技術者試験概要を下記表にまとめました。

基本情報技術者試験概要
ホームページ・受験申込・問合せ独立行政法人 情報処理推進機構
受験資格制限なし
願書申込み受付期間
  • 春期

インターネット:1月下旬~2月下旬頃まで
郵送:1月下旬~2月中旬頃まで

  • 秋期

インターネット:7月中旬~下旬頃まで
郵送:7月上旬~中頃まで

受験料(税込み)情報処理技術者試験の受験手数料の改定
【現行】5,700 円  → 【改定後】7,500 円※消費税込み。
受験手数料改定の適用時期

  • 筆記により実施する試験区分 令和3年度秋期試験から適用
  • CBT方式で実施する試験区分 令和4年(2022年)4月から実施する試験に適用
試験内容午前の部

  • ストラテジ系
  • マネジメント系
  • テクノロジ系

午後の部

  • コンピュータシステムに関すること
  • 情報セキュリティに関すること
  • データ構造及びアルゴリズムに関すること
  • ソフトウェア設計に関すること
  • ソフトウェア開発に関すること
  • マネジメントに関すること
  • ストラテジに関すること
試験会場全国各地
試験日程4月第3日曜日、10月第3日曜日(年2回)
合格基準下記の基準点を全て満たした者がで合格となります。(多段階選抜方式)

  • 午前:100点満点中、60点以上
  • 午後:100点満点中、60点以上
身体上の障害等に係る特別措置について身体障害などの理由で、特別措置を希望する場合は、願書の「身体障害者特別措」欄に
該当する障害の種類の番号を記載し、願書と一緒に、身体障害者特別措置確認表と、
身体障害者手帳のコピー(確認のため医師の診断書を提出を求められる場合があります。)を
同封し【簡易書留】で提出します。
障害の種類は以下の通りです。

  • 肢体不自由
  • 聴覚障害
  • 視覚障害
  • 視覚障害(点字)
    (点字による試験区分は、原則、ITパスポート試験、基本情報技術者試験、
    応用情報技術者試験のみ)
    上記以外の障害
    (骨折,妊婦など一般会場での受験が難しい場合を含む。)
封筒には以下の通り記載します。

〒113-8663
東京都文京区本駒込2-28-8
文京グリーンコートセンターオフィス15 階
独立行政法人 情報処理推進機構
IT 人材育成本部 情報処理技術者試験センター
実施グループ 願書受付係
(特別措置確認票等 在中)

基本情報技術者試験難易度については下記を参考にしてみてください。

基本情報技術者試験の合格率


基本情報技術者試験の合格率の合格率について解説していきます。

下記表は近年の基本情報技術者試験合格率になります。

基本情報技術者(春期・秋期)
年度受験者数(人)合格者数 (人)合格率 (%)
平成28年度99,99926,59126.6
平成29年度105,25223,28822.1
平成30年度111,38128,55225.6
令和元年度121,55631,22425.7
令和2年度10月52,99325,49948.1
令和3年春32,54913,54441.6

※:令和2年10月・令和3年春試験試験では、合格率が40%以上となり合格率が急上昇しています。しかし、上昇化した理由は、試験の難易度が易しくなったわけではなく、令和2年春・秋試験が延期となり、試験への準備期間が長くなったためだと考えられていますので、令和2年10月・令和3年春試験の合格率は例外として捉えたほうが良いです。

合格率は、22%~27%の間を上下しながら推移しています。

他の試験に比べると、開催回によって難易度のばらつきが大きく、高い合格率の次の年には合格率が下がるなどの傾向もみられます。

情報技術は日々進化しているため、試験の対象範囲が増え続けているのですが、それも込みで合格率25%前後の難易度にコントロールされていると考えられます。

合格率は基本的に25%程度と基本情報技術者試験の合格率は高くはないということが過去のデータよりわかっています。

基本情報技術者試験は情報処理技術者試験の中ではレベル2にあたります。

これは「基本」、基礎にあたるレベルの資格、試験であるということを意味しています。そのため、情報処理技術者として学習、就業経験がある場合は、問題が難解、複雑すぎるということはありません。

ただし、ITに関する知識がないところから始めた場合には、基本をすべて学ぶ必要があるため、大変な勉強量が必要となるのも事実です。

基本情報技術者試験は午前・午後の二部で構成され、いずれも100点満点中の60点以上が合格基準です。

午前はITパスポートに合格できるだけの知識があれば、対策はそれほど難しくはありません。午後は長文の問題が出題され、文章読解能力も問われるため難易度はやや高くなります。

基本情報技術者試験難易度や目安となる勉強方法については、下記にまとめてありますので、参考にしてみてください。

基本情報技術者取得のメリット


基本情報技術者試験に合格して、資格を取得するとどんなメリットがあるのか
解説していきます。

メリット①:仕事に直接活かせる

基本情報技術者試験の学習を通して、基礎的なプログラミング能力とそれに必要な論理的思考が身につきます。そして、一つのプログラミング言語を習得すると、今まで手作業の繰り返しでこなしてきた事柄を自動処理に置き換えることが可能になります。

また、基本情報技術者試験の問題はIT現場の第一線で活躍する専門家、大学の教員、研究所の研究員から成る約400名の試験委員が作成しています。それゆえ、最新技術が問題に反映されるなど、基本情報技術者試験は時代の変化にも即応しています。したがって、この資格で得た知識は直接仕事に活かすことができます。

メリット②:資格手当が付く

IT関連企業に就職した新人が最初に会社から取らされるが基本情報技術者試験です。

基本情報技術者試験を表彰対象試験や推奨資格として採用する企業が増えています。これにより合格者には一時金が支給されたり、通信講座の受講料が会社負担になったりするので、合格までに要した費用の採算が取れます。

メリット③:就職・転職に有利

数あるIT関連資格の中でも、基本情報技術者試験は最も知名度が高い試験です。

この資格を取得すれば、就職や転職の際に、自分が持つスキルや知識を端的に証明することができます。

メリット④:フリーランス案件を獲得しやすくなる

フリーランスで仕事をする上でも、基本情報技術者試験を取得するメリットは大いにあります。

最近では、企業がフリーランスに即戦力のスキルを求めるケースが多いからです。しかも、企業は資格を見れば、どの程度のスキルレベルにあるのかを即座に判断できます。

この資格が募集要件にマッチすれば、他の応募者よりも書類選考の段階で1歩先んじることができます。

この資格はIT業界で仕事を探す上でも、有効な証明になります。