型枠施工技能士になるには?試験対策と取得後どう変化するのか解説!

型枠施工技能士になるには?試験対策と取得後どう変化するのか解説!

「型枠施工技能士になるにはどうすればいい?」「型枠施工技能士の試験ってどんな感じ?」
「型枠施工技能士の資格取得できたらどうなるの?」などの
疑問に思ってる方向けの記事になります。

結論から述べますと、型枠大工の仕事はいつの時代も必要な職業ですので、

まず仕事がなくなることはありません。

求人サイトを見ても、型枠施工技能士を求めている企業が非常に多く見られます。
先の見えない時代にあっても、安定した需要があると思います。

本記事でわかる事。
  • 型枠施工技能士とは?
  • 型枠施工技能士資格概要
  • 型枠施工技能士試験対策
  • 型枠施工技能士資格取得すると

上記の内容について解説していきます。



型枠施工技能士とは?

コンクリートなどを成形する際、液状材料を所定の形状に誘導して固めるために欠かせないのが型枠です。
経済的かつ効率的に建築がおこなえるため、型枠とコンクリートをもちいた型枠工法は
よく採用される手法となっています。型枠施工技能士は、その型枠施工に関する技能を認定する国家資格です。

 

学科および実技試験がおこなわれます。

 

型枠施工は建設業では代表的な仕事であり、各構造物により、型枠の形体は千差万別のため、高度な技術が要求されます。

 

型枠工事を行う現場はさまざまですが、その現場ごとに必要な技術が違いますので、スキルアップを目指すならば、いろいろな現場を経験して、一つひとつの技術を習得していくことが大切です。

 

型枠施工の仕事は未経験から始められますが、ある程度技術を身につけてきたら、まず目指すべき資格は
この型枠施工技能士です。建設業界には数多くの資格がありますが、型枠組立作業に必要とされる技能が
あることを認定する型枠施工技能士は、型枠大工を極めたいのであれば、ぜひ取っておきたい国家資格です。

等級は1級と2級があり、2018年からは新たに型枠工事の基本的な技能を持っている方や、
これから仕事に就く予定の方などを対象とした3級が加わりました。

型枠施工技能士資格概要

ホームページ・受験申込・問合せ

都道府県職業能力開発協会よりお住まいの地域を選んでお問い合わせください。

願書申込み受付期間

前期:例年4月上旬~4月中旬

後期:例年10月上旬~10月中旬

実技試験問題の公表 ※1

前期:例年5月下旬

後期:例年11月下旬

実技試験 ※2

前期:例年6月初旬~9月上旬

後期:例年12月上旬~翌年2月中旬

学科試験※3

前期:例年7月中旬の日曜日、8月中旬~下旬の日曜日、9月初旬の日曜日

後期:例年翌年の1月下旬の日曜日、2月初旬の日曜日

※1:一部職種の製作等作業試験と全職種の計画立案等作業試験は、概要のみが公表されます。
※2:期間中のいずれかの日で実施されます
※3:職種、等級ごとに全国統一日に実施されます。

受験手数料

型枠施工技能検定受験手数料
等級実技試験学科試験
35歳以上35歳未満全年齢
1級18,200円18,200円3,100円
2級18,200円9,200円3,100円
3級18,200円9,200円3,100円
3級(学生)12,100円3,100円3,100円

受験資格

型枠施工技能検定の受験資格は、学歴等に応じて下記のとおりになっております。

3級型枠施工技能検定の受験資格

特になし

2級型枠施工技能検定の受験資格

学歴等必要な実務経験年数
通常3級合格後
実務経験のみ2年0年
専門高校卒業0年0年
専修学校(大学入学資格付与課程)卒業0年0年
短期大学卒業0年0年
高等専門学校卒業0年0年
高校専攻科卒業0年0年
専修学校(大学編入資格付与課程)卒業0年0年
大学卒業0年0年
専修学校(大学院入学資格付与課程)卒業0年0年
専修学校または各種学校卒業800時間以上0年0年
1600時間以上0年0年
3200時間以上0年0年
短期課程の普通職業訓練修了700時間以上0年0年
普通課程の普通職業訓練修了2800時間未満0年0年
2800時間以上0年0年
専門課程または特定専門課程の高度職業訓練修了0年0年
応用課程または特定応用課程の高度職業訓練修了0年0年
長期課程または短期養成課程の指導員訓練修了0年0年
職業訓練指導員免許取得
長期養成課程の指導員訓練修了0年0年

1級型枠施工技能検定の受験資格

学歴等必要な実務経験年数
通常2級合格後3級合格後
実務経験のみ7年2年4年
専門高校卒業6年2年4年
専修学校(大学入学資格付与課程)卒業6年2年4年
短期大学卒業5年2年4年
高等専門学校卒業5年2年4年
高校専攻科卒業5年2年4年
専修学校(大学編入資格付与課程)卒業5年2年4年
大学卒業4年2年4年
専修学校(大学院入学資格付与課程)卒業4年2年4年
専修学校または各種学校卒業800時間以上6年2年4年
1600時間以上5年2年4年
3200時間以上4年2年4年
短期課程の普通職業訓練修了700時間以上6年2年4年
普通課程の普通職業訓練修了2800時間未満5年2年4年
2800時間以上4年2年4年
専門課程または特定専門課程の高度職業訓練修了3年1年2年
応用課程または特定応用課程の高度職業訓練修了1年1年1年
長期課程または短期養成課程の指導員訓練修了1年1年1年
職業訓練指導員免許取得1年1年1年
長期養成課程の指導員訓練修了0年0年0年

型枠施工技能検定の試験内容

3級型枠工事作業実技試験

3級型枠施工技能検定 型枠工事作業の実技試験の採点項目と配点です。

3級型枠施工技能検定 型枠工事作業の実技試験は製作等作業試験です。

3級型枠施工技能検定
型枠工事作業
実技試験の採点項目と配点
実施形式採点項目配点
製作等作業試験寸法精度100
できばえ
仕様誤り
再支給
作業態度
作業時間
  • 製作等作業試験 標準時間 1時間40分 打切り時間 2時間
    柱型枠の下ごしらえ、組立て、型起こし台(合板パネル)への建て込み作業を行います。
試験科目

3級型枠施工技能検定 型枠工事作業の実技試験科目です。

  • 型枠工事作業
  • 型枠工事の施工
  • 型枠の解体

学科試験

3級型枠施工技能検定 型枠工事作業の学科試験は

  • 試験方式 真偽法
  • 出題数 30問(真偽法30問)
  • 試験時間 1時間

です。

試験科目

3級型枠施工技能検定 型枠工事作業の学科試験科目です。

施工法
  • 型枠工事に使用する器工具及び機械の種類、用途及び使用方法
  • 型枠及び型枠支保工の種類、構造及び特徴
  • 型枠の下ごしらえの方法
  • 型枠及び型枠支保工の組立ての方法
  • 型枠及び型枠支保工の解体の時期及び方法型枠工事の施工計画
  • 建設工事の種類及び施工方法
材料
  • 型枠工事用材料の種類、規格、性質及び用途
  • 関連工事用材料の種類及び用途
建築構造及び土木構造
  • 鉄筋コンクリート造及び鉄骨鉄筋コンクリート造の構法及び特徴
  • 鉄筋コンクリート造及び鉄骨鉄筋コンクリート造以外の建築構造及び土木構造の種類、構法及び特徴
製図
  • 日本産業規格の建築製図通則及び土木製図通則に定める表示記号
関係法規
  • 建築基準法関係法令のうち、型枠工事に関する部分
安全衛生
  • 安全衛生に関する詳細な知識

2級型枠工事作業実技試験

実技試験

2級型枠施工技能検定 型枠工事作業の実技試験の採点項目と配点です。

2級型枠施工技能検定 型枠工事作業の実技試験は製作等作業試験です。

2級型枠施工技能検定
型枠工事作業
実技試験の採点項目と配点
実施形式採点項目配点
製作等作業試験寸法精度正確さ100
現寸図の作成
できばえ加工組立て
仕上がり
施工不良
仕様誤り
作業態度
作業時間
  • 製作等作業試験 標準時間 標準時間 5時間 打切り時間 5時間30分
    型起こし台(合板パネル)上に基礎型枠(片側半分のもの)の下ごしらえ及び組立てを行います。
試験科目

2級型枠施工技能検定 型枠工事作業の実技試験科目です。

  • 型枠工事作業
  • 型枠の下ごしらえ図の作成
  • 型枠材及び型枠支持材の選定
  • 型枠工事の施工
  • 型枠及び型枠支保工の解体

学科試験

2級型枠施工技能検定 型枠工事作業の学科試験は

  • 試験方式 真偽法及び四肢択一法
  • 出題数 50問(真偽法25問 四肢択一法25問)
  • 試験時間 1時間40分

です。

試験科目

2級型枠施工技能検定 型枠工事作業の学科試験科目です。

施工法
  • 型枠工事に使用する器工具及び機械の種類、用途及び使用方法
  • 型枠及び型枠支保工の種類、構造及び特徴
  • 型枠の下ごしらえの方法
  • 型枠及び型枠支保工の組立ての方法
  • 型枠及び型枠支保工の解体の時期及び方法
  • 型枠工事の施工計画
  • 型枠工事の施工設備の種類及び用途
  • 建設工事の種類及び施工方法
材料
  • 型枠工事用材料の種類、規格、性質及び用途
  • 関連工事用材料の種類及び用途
建築構造及び土木構造
  • 鉄筋コンクリート造及び鉄骨鉄筋コンクリート造の構法及び特徴
  • 鉄筋コンクリート造及び鉄骨鉄筋コンクリート造以外の建築構造及び土木構造の種類、構法及び特徴
  • 構造力学の基礎理論
製図
  • 日本産業規格の建築製図通則及び土木製図通則に定める表示記号
関係法規
  • 建築基準法関係法令のうち、型枠工事に関する部分
安全衛生
  • 安全衛生に関する詳細な知識

1級型枠工事作業実技試験

実技試験

1級型枠施工技能検定 型枠工事作業の実技試験の採点項目と配点です。

1級型枠施工技能検定 型枠工事作業の実技試験は
製作等作業試験と計画立案等作業試験です。

1級型枠施工技能検定
型枠工事作業
実技試験の採点項目と配点
実施形式採点項目配点
製作等作業試験寸法精度正確さ70
現寸図の作成
できばえ加工組立て
仕上がり
施工不良
仕様誤り
作業態度
作業時間
計画立案等作業試験30
  • 製作等作業試験 標準時間 5時間 打切り時間 5時間30分
    型起こし台(合板パネル)上に基礎型枠(片側半分のもの)の下ごしらえ及び組立てを行います。
  • 計画立案等作業試験 試験時間 2時間
    躯体図及び仕様等に従い、型枠加工図(下ごしらえ図)に必要な寸法、パイプサポートの位置等について行います。
試験科目

1級型枠施工技能検定 型枠工事作業の実技試験科目です。

  • 型枠工事作業
  • 型枠の下ごしらえ図の作成
  • 型枠及び型枠支保工の組立て図の作成
  • 型枠材及び型枠支持材の選定
  • 型枠工事の施工
  • 型枠及び型枠支保工の解体
    積算

学科試験

1級型枠施工技能検定 型枠工事作業の学科試験は

  • 試験方式 真偽法及び四肢択一法
  • 出題数 50問(真偽法25問 四肢択一法25問)
  • 試験時間 1時間40分

です。

試験科目

1級型枠施工技能検定 型枠工事作業の学科試験科目です。

施工法
  • 型枠工事に使用する器工具及び機械の種類、用途及び使用方法
  • 型枠及び型枠支保工の種類、構造及び特徴
  • 型枠の下ごしらえの方法
  • 型枠及び型枠支保工の組立ての方法
  • 型枠及び型枠支保工の解体の時期及び方法
  • 型枠工事の施工計画
  • 型枠工事の施工設備の種類及び用途
  • 建設工事の種類及び施工方法
材料
  • 型枠工事用材料の種類、規格、性質及び用途
  • 関連工事用材料の種類及び用途
建築構造及び土木構造
  • 鉄筋コンクリート造及び鉄骨鉄筋コンクリート造の構法及び特徴
  • 鉄筋コンクリート造及び鉄骨鉄筋コンクリート造以外の建築構造及び土木構造の種類、構法及び特徴
  • 構造力学の基礎理論
製図
  • 日本産業規格の建築製図通則及び土木製図通則に定める表示記号
関係法規
  • 建築基準法関係法令及び建設業法関係法令のうち、型枠工事に関する部分
安全衛生
  • 安全衛生に関する詳細な知識

型枠施工技能士試験対策

型枠施工技能士試験の対策について解説していきます。

実技試験

実技試験は、動画などでどんなふうにするのか予め学ぶ事ができます。

また、試験に向けて、職場の先輩から資格取得のコツやポイントを教わるとより、理解しやすいかと思います。

でわ、動画をご紹介していきます。

次に筆記試験対策をご紹介します。

筆記試験

筆記試験は数年間分の過去問を繰り返し学習し、問題の傾向をつかむことがポイントです。

問題集を購入しなくても、過去の試験問題は、1級から3級まで、
中央職業能力開発協会のサイトで閲覧できます。

型枠施工技能士資格取得すると

主に建設会社や工務店に就職・転職でき、ビル工事や、道路や橋などの土木工事の現場で作業します。
ビル工事は都会が中心ですが、道路や橋は全国各地にあるため、土木工事の現場での需要がかなりあります。

未経験で入社したばかりの初任給はあまり期待できませんが、経験を重ねて技術を磨き、
型枠施工技能士資格を取得すると、高収入が期待できます。

型枠大工の仕事はいつの時代も必要な職業ですので、まず仕事がなくなることはありません。

求人サイトを見ても、型枠施工技能士を求めている企業が非常に多く見られます。
先の見えない時代にあっても、安定した需要が見込めます。

型枠工は中高年が中心となって活躍していますが、これからは理論と技能を修得した
型枠施工技能士の資格保有者が多くなると予想されています。

まとめ

本記事のまとめ

  • 型枠施工技能士とは、各都道府県の職業開発能力協会が実施する技能検定の型枠施工に
    合格した人に与えられる国家資格

  • 型枠施工技能士は、1級~3級ある。
  • 受験費用は学割、年齢割引きがある。
  • 安定して需要がある資格
  • 情報や資料が比較的多いので、試験対策を立てやすい

型枠大工の仕事に興味がある方なら、未経験でも始められますので、
先輩の指導を受けて、腰をすえて技術を身につけたいという方におすすめです。

型枠施工技能士の資格は、実務経験を積んでから、収入アップを含め、仕事の幅を広げるためにも
チャレンジしてみてはいかかでしょうか。