准看護師から看護師になるには?准看護師と看護師の違いって?

准看護師から看護師になるには?准看護師と看護師の違いって?

准看護師の採用を止める病院が最近は増えています。
採用されたとしても若い看護師の指示の下で仕事をすることもあります。

その為、最初から看護師資格を取得するほうが良いんですが、
それぞれの家庭の諸事情が有ると思います。

准看護師が正看護師になるためには
  • 准看護師として3年以上働いていること
  • 看護師学校養成所2年課程で学び、看護師国家試験に合格すること

上記の2つの条件をいずれか満たせば准看護師正看護師になる事ができます。

本記事では、准看護師になるには、また准看護師と正看護師との違い、おすすめテキスト、参考書や問題集などを解説していきます。

本記事でわかる事。
  • 准看護師とは?
  • 准看護師になるには?
  • 准看護師と看護師の違い
  • 准看護師試験概要
  • 准看護師おすすめテキスト、参考書や問題集

上記の内容について解説していきます。



准看護師とは?


准看護師は都道府県知事の免許(資格)、看護師は厚生労働省つまり国家資格という大きな違いがあります。

できる業務の内容についての違いですが、看護師は、医師の指示のもとで看護の仕事をおこないます。
一方、准看護師は、医師または看護師の指示のもとで看護の仕事をおこないます。

つまり場合によっては准看護師は看護師の指示がなければ看護の業務はできないということです。
准看護師は看護師の下位資格という位置付けなんです。

准看護師はもともと戦後の看護師不足を解消するために「暫定措置」として設けられた資格です。
戦後しばらくまだ高校進学する女子が少なかった時代に、中卒で准看護学校に入って学んで資格を取得し、現場の看護師不足を補うための労働力とするために作られた資格です。

准看護師になるには?


准看護師になるには2つのコースがあります。
いずれも専門の教育機関に進学し、修了(卒業)すれば受験資格を得られます。

卒業後(卒業見込み)、最終的に各都道府県ごとに実施される准看護師試験に合格しなければなりません。

准看護師になるには
  • 中学・高校卒業後に准看護師養成校(2年制)へ入学する
  • 中学卒業後、高等学校衛生看護科(3年制・定時制4年)に入学する

それぞれについて詳細に説明しますので参考にしてください。

中学・高校卒業後に准看護師養成校(2年制)へ入学する

中卒でも高校卒業でも入学できます。准看護師養成校を卒業すれば准看護師の受験資格を得られます。
働きながら准看護師を目指せるため、中卒・高卒だけではなく大卒、一般の社会人も入学します。
働きながら学べる点が魅力です。

准看護師学校での学習は2つの時間帯から選べます

週3日の全日制

時間割は8:30~17:00までと普通の学校と変わらない時間割になります。
週3日なので空いている日は働くことが可能です。
2年生になれば病院での実習が入ってきます。

週5日の半日制

週5日制で多い時間割は13:00~17:00です。
学校によって違うので入学の際は事前に調べてください。
2年生になれば週3日は病院での実習、残りは学校で勉強となるケースが多いようです。

准看護師養成校はほぼ地元の医師会で設立されていることが多いので、その医師会の系列の病院で看護助手や医療事務として働きながら学校に通う人も多数います。
やはりその場合は働く際の融通はかなりききます。

中学卒業後、高等学校衛生看護科(3年制・定時制4年)に入学する

高等学校衛生看護課に進学し、卒業すれば准看護師の受験資格を得られます。
つまり高校へ進学するパターンということになります。

通常、現役の中学生や高校生がこの方法を選択します。

ただ、残念なことに全国に定時制の高等学校衛生看護科は数えるほどしかありません。
働きながら学習するのであれば准看護師養成校へ通うのが現実的です。

准看護師になるには、准看護師養成校あるいは高等学校衛生看護課のどちらかに進学することになります。
受験資格が中学校卒業ということもあり、入試レベルも中卒程度です。

入試科目は学校により異なります。
受験を希望している学校で何を出題されているのか募集要項等で確認して下さい。

准看護師と看護師の違い


法令上は准看護師と看護師は別の資格になりますが、現場での仕事の内容は基本的に差はありません。
大きな差が出るとしたら、収入面になると思います。

その為、准看護師の資格を取得したら、国家資格である看護師を目指すことをおすすめします。

准看護師と看護師の現場でしている業務の違いは?待遇は?

大きな病院以外の中小規模の病院では、准看護師と看護師の差は少なく、普通に採血や点滴などすべての看護に関する業務をしています。
入院から退院までの看護計画を立てたり、管理職的な業務(リーダー)もするようです。

しかし大きな病院になると話しは違ってきます。
仮に同じ業務をしていたとしても給料が違います。
ほぼ同じ業務をさせる病院があるかもしれませんが、責任が重い業務は准看護師にはさせない病院もあります。

准看護師は正社員として採用せず、看護師になる為に学校に行っている人だけ採用している病院、全く採用していない病院もあります。
よほど看護師の採用に困っている病院以外は、新規の准看護師の採用はしない傾向にあります。

准看護師になるのと看護師になるのとでは、教育年数の違いだけではなく教育課程の違いがあります。
国が決めた施設基準で准看護師を看護師と認めていない病院も多くあります。

准看護師試験概要

准看護師試験概要を以下にまとめました。

准看護師試験概要
ホームページ・
受験申込・問合せ
各都道府県の省庁内、
准看護婦(士)試験担当課
受験資格所定の養成機関で定められた
課程を修了という条件があります。
願書申込み
受付期間
1月上旬~中旬頃まで
受験料(税込み)6,900円
(県収入証紙)
身体上の障害等に係る
特別措置について
障害を有する者で受験を希望する者、
その他受験に際し配慮が必要な場合は、
受験地の指定日までに申し込んで下さい。
試験内容四肢択一式

  1. 人体の仕組みと働き
  2. 食生活と栄養
  3. 薬物と看護
  4. 疾病の成り立ち
  5. 感染と予防
  6. 看護と論理
  7. 患者の心理
  8. 保健医療福祉の仕組み
  9. 看護と法律
  10. 基礎看護
  11. 成人看護
  12. 老年看護
  13. 母子看護及び精神看護
試験日程2月中旬頃
受験地各都道府県

准看護師おすすめテキスト、参考書や問題集

准看護師の試験は地方での統一試験になっています。
出題内容も毎年は変わります。

しかし、合格率は全国平均で97~98%と非常に高いです。
令和2年度の合格率は99.2%でした。
これはほぼ全員合格できる難易度の試験です。

准看護師養成校、高等学校衛生看護課の授業を真面目に受講し、試験に臨めば合格できるって感じになります。
それでも多少、不安に感じる方は、以下の問題集を買って不安を打ち消しましょう!

准看護師おすすめテキスト・参考書・問題集

created by Rinker
¥3,850 (2021/12/03 15:42:07時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥3,740 (2021/12/03 15:42:57時点 Amazon調べ-詳細)
  • 2021年2月に全国都道府県で実施された2020年度准看護師資格試験の全問題750問を地域別に収載。
  • 2017~2019年度問題から精選した900問を科目別に整理し、受験対策や重要事項を掲載。
  • 各科目の専門家による解答と解説(別冊付録)付き。
created by Rinker
¥3,740 (2021/12/03 15:42:08時点 Amazon調べ-詳細)
  • 2021年2月に出題された全国の准看護師試験問題・全750題を科目別に再編集して一挙掲載!
  • 2018~2020年に出題された問題から約750題を精選して収載!
  • 科目別での掲載だから,弱点の補強に最適!
  • 試験傾向をまとめた「Point Check! 」と頻出用語を精選した「Key Word」で、科目別の重要ポイントを簡単チェック!
  • 「押さえておきたい! 受験の基本テクニック」で、マークシート方式の解答のコツまでわかる!
  • 「傾向と対策」で今年の問題を徹底分析! 問題を解く以外にも試験対策ができる!
  • 巻末特別付録「要点まとめBook」で、試験頻出の内容をいつでもどこでもチェックできる!