ガス溶接技能者資格取得難易度

ガス溶接技能者資格取得難易度

【スポンサーリンク】



ガス溶接技能者資格取得難易度について、しらべました。この資格が有ればどんな仕事につけるのか、
平均年収はどれくらいなのか参考になれば幸いです。

ガス溶接技能者資格取得難易度

ガス溶接技能者資格取得難易度は?

★☆☆☆☆(やさしい)。講習と修了考査で取得できます。

ガス溶接技能者資格就職は?

建設系企業など。危険を伴う作業なので、求人が多く収入も安定しています。また、就・転職の際にもとても有利な資格です。

ガス溶接技能者資格仕事内容は?

可燃性ガスと酸素を用いた金属の溶接、溶断、加熱を行います。

ガス溶接技能者資格年収は?

金属溶接・溶断従事者の平均年収は408.6万円(賞与込)です。

2020年 男性 給料

平均年収:411.5万円
平均月収:29.0万円
平均時給:1,568円
年間賞与等:63.2万円
平均年齢:41.2歳
平均勤続年数:11.2年

2020年 女性 給料

平均年収:298.2万円
平均月収:21.4万円
平均時給:1,282円
年間賞与等:41.2万円
平均年齢:37.2歳
平均勤続年数:7.7年

(2020年:厚生労働省「賃金構造基本統計調査」より)
【スポンサーリンク】


ガス溶接技能者資格まとめ

ガス溶接技能講習は労働安全衛生規則第83条及びガス溶接技能講習規程に基づいて行われる講習となっています。
  2日間にかけて開催され、1日は学科、もう1日は実技についての講習を受けることが必須です。
  また、学科においては講習の最後に試験を受けることが決まりとなっています。

学科試験では講習についての理解をチェックするために試験が行われますが、実技講習では原則、受講後に試験を受けることはありません。
  きちんと講習を受けてさえいれば、実技講習では落ちないことが通常です。
  ただし、実技講習では、実際の業務を想定した作業を受講者自身が行います。
  そのため、試験がないからと気を抜いて受けるのは危険です。

学科試験の場合、講習を真面目に聞き、試験に臨めば落ちることは無いとは思いますが、2020年10月くらい会社の後輩は学科試験に落ちて、実技講習は参加できずに、会社に帰ってきました。

なので、簡単、易しいって思っても、侮ってはいけません。