ガス溶接作業主任者資格取得難易度

ガス溶接作業主任者資格取得難易度

【スポンサーリンク】



ガス溶接作業主任者資格取得難易度について、調べてみました。この資格が有ればどんな仕事につけるのか、
平均年収はどれくらいなのか参考になれば幸いです。

ガス溶接作業主任者資格取得難易度

ガス溶接作業主任者資格取得難易度は?

★★☆☆☆(やや易しい)。近年合格率は、89.4%ほど。

ガス溶接作業主任者資格就職は?

溶接作業を行う建設現場や工場など。作業の指揮を行う者をおかなくては行けない事業所で必要とされています。

ガス溶接作業主任者資格仕事内容は?

アセチレン溶接装置やガス集合溶接装置を使用して金属の溶接・溶断・加熱などの作業を行うガス溶接は常に危険が伴います。
ガス溶接作業主任者は溶接作業中の爆発や火災などを避けるために、作業方法の選択や作業手順の指揮、監督を行います。
【スポンサーリンク】


ガス溶接作業主任者資格年収は?

年収は300万から500万と各地方、企業によってバラつきがある感じですが、資格手当として賃金が上乗せされる所がだいたい多いみたいです。

ガス溶接作業主任者資格まとめ

ガス溶接作業主任者の試験に合格すれば、ガス溶接作業主任者の資格が取得できます。
  受験資格は特にありません。
  
試験は学科試験のみで、ガス溶接の業務および関係法規の知識、アセチレン溶接装置とガス集合溶接装置に関する知識、アセチレンその他可燃性ガス、カーバイドおよび酸素に関する知識などの問題が出題されます。
  
  資格取得のための勉強方法としては、市販の試験対策用のテキストや過去問題集などに取り組むのが一般的です。また、関係機関によって資格取得のための講座も実施されています。
  
合格率は85%程度です。
  
試験に合格した後、免許を申請するにあたっては、実務経験等を証明する書類の提出が必要となります。
  たとえば「ガス溶接技能講習を修了し、その後3年以上のガス溶接業務に従事」などを証明する書類です。
  また「大学または専門学校で工学又は化学に関する学科を専攻して卒業し、1年以上のガス溶接業務に従事」などもあります。
  細かい規定があるため、試験の実施先などにあらかじめ問い合わせたほうがよいと思います。