ボイラー溶接士ってどんな資格?転職に有利?

ボイラー溶接士ってどんな資格?転職に有利?

「ボイラー溶接士ってどうやって取得するの?」
「ボイラー溶接士って転職に有利?」
「ボイラー溶接士ってどんな人が向いてる?」

こういった疑問に答える記事になります。

本記事でわかる事
  • ボイラー溶接士に向いてる人
  • ボイラー溶接士資格概要
  • ボイラー溶接士って転職に有利?
  • ボイラー溶接士の将来性

上記の内容について解説していきます。



ボイラー溶接士に向いてる人って?


ボイラーは、燃料の灯油や石炭などを燃やし、
そのエネルギーによりお湯や水蒸気を作る機器です。

身近なところでは、お風呂の給湯システムに
使われていますが、その他では工場や病院、発電所など
大型の建物にはボイラーで動いている機械がいろいろあります。

ボイラーは特殊な容器のため、通常の溶接よりも
より専門的な知識がないと溶接を行えません。
また、溶接の仕事はわずかのミスが大きな事故に
つながる可能性があるため、正確で高度な技術が求められます。

また、高度な技術が必要とされる仕事であるだけでなく、
わずかのミスが大きな事故にも繋がりかねないため、
常に丁寧に確実な仕事ができる人が求められます。

そのため、溶接のプロとして、将来にわたり
活躍していこうとする強い意思を持っている人に
向いている資格
です。
また、定の技術を習得するために、地道に
コツコツと腕を磨く必要があるため、
根気がある人にも向いています。

ボイラー溶接士試験対策について解説している記事になります。

ボイラー溶接士資格概要

ボイラー溶接士の資格は国家資格です。

労働安全衛生法によってボイラーや圧力容器、
機械などの溶接の仕事をする際には、この資格が
なければ従事することはできません。

ボイラー溶接士の資格は、「普通ボイラー溶接士」
「特別ボイラー溶接士」と呼ばれる2つの種類があります。
それぞれの資格概要を下記で解説していきます。

普通ボイラー溶接士・特別ボイラー溶接士
ホームページ・受験申込・問合せ公益財団法人 安全衛生技術試験協会
受験資格普通ボイラー溶接士

  • 溶接実務経験、1年以上の者。(ガス溶接、自動溶接を除く)

特別ボイラー溶接士

  • 普通ボイラー溶接士取得後、実務経験、1年以上の者。(ガス溶接、自動溶接を除く)
願書申込み受付期間公益財団法人 安全衛生技術試験協会でご確認ください。
受験料(税込み)普通ボイラー溶接士

  • 6,800円+18,900円=25,700円

特別ボイラー溶接士

  • 6,800円+21,800円=28,600円
試験内容普通ボイラー溶接士

  • 学科試験(40問/2時間30分)
  1.  ボイラー構造・材料知識(5問)
  2.  ボイラー工作・修繕知識(5問)
  3.  溶接施工方法概要(10問)
  4.  溶接棒・溶接部の性質概要(6問)
  5.  溶接部検査概要(3問)
  6.  溶接機器取扱い知識(3問)
  7.  安全知識(3問)
  8.  法令関係(5問)
  • 実技試験(1時間)
  1. 下向き・立向き突合せ溶接。

特別ボイラー溶接士

  • 学科試験(40問/2時間30分)
  1. ボイラー構造・材料知識(5問)
  2. ボイラー工作・修繕知識(5問)
  3. 溶接施工方法概要(10問)
  4. 溶接棒・溶接部の性質概要(6問)
  5. 溶接部検査概要(3問)
  6. 溶接機器取扱い知識(3問)
  7. 安全知識(3問)
  8. 法令関係(5問)
  • 実技試験(1時間)
  1. 横向き突合せ溶接。
試験日程1月下旬頃、8月下旬頃(年2回)※年3回の地域もあります
受験地管轄住所のセンターで受験
合格基準普通ボイラー溶接士特別ボイラー溶接士

総得点が、満点中60%以上の得点率で合格となります。

免除(科目等)について普通ボイラー溶接士特別ボイラー溶接士共通

  1. 特別ボイラー溶接士免許試験の学科試験に合格した者で、
    その学科試験が行われた日から起算して1年以内の者は、学科の全てが免除。
  2. 特別ボイラー溶接士免許証の有効期間が満了した後2年を
    経過しない者は、学科の全てが免除。(免許試験結果通知書(原本)、
    もしくは有効期間が満了した特別ボイラー溶接士免許証の表裏の写が必要になります。)

普通ボイラー溶接士

  • 普通ボイラー溶接士免許試験の学科試験に合格した者で、その学科試験が
    行われた日から起算して1年以内のものは、学科の全てが免除。
  • 普通ボイラー溶接士免許証の有効期間が満了した後2年を経過しない者は、
    学科の全てが免除。
    (普通ボイラー溶接士免許の有効期限が満了した後2年を経過しない方は、
    学科試験が免除となりますが、さらに、都道府県労働局長がボイラー溶接士としての
    技能の低下が認められるとして、免許の有効期間の更新をしなかった場合
    (ボイラー則第107条第2項)以外の方は、実技試験も免除されます。
    その場合には、溶接の試験板の裏曲げ試験の成績が合格基準に合致する必要がありますので、
    所轄都道府県労働局にお問い合わせください。)
  • 溶接工の技りょうに関する試験の方法等を定める告示(平成10年運輸省告示第417号)
    第2条の規定による次の分類の溶接工の技りょうに関する試験に合格した者は、実技の全てが免除。
    船舶構造規則によるM2種O級A、M2種V級A、M3種O級A、M3種V級A、M2種P級A溶接技倆試験に合格した者)
  • 鋼船構造規程(昭和15年逓信省令第24号)第25章第3節に規定する1級A種、
    2級A種、1級B種、2級B種又は1級D種の溶接技倆試験に合格した者は、実技の全てが免除。
  • 電気事業法による溶接方法の認可を受けた溶接士のうち裏あて金を用いる
    被覆アーク溶接(A)の区分で下記に該当する者。
  1. W-1またはW-2の試験材で、それぞれfv、fvo、fvh、fvohの
    姿勢で行った者は、実技の全てが免除。
  2. W-3またはW-4の試験材で、rまたはeの姿勢で行った者は、
    実技の全てが免除。
身体上の障害等に係る特別措置について障害のある方で特別措置を希望される場合は、
申請前に安全衛生技術センターに相談して下さい。
合格後の更新についてこのボイラー溶接士(普通ボイラー溶接士特別ボイラー溶接士)については
免許に2年の有効期限があり(溶接作業に従事していないと、
資格に必要な技能の維持が難しくなるため)、更新手続が必要
です。


特別、普通双方とも、有効期限が過ぎた後、2年以内であれば、
学科全免除(実技のみ受験)で受験し、合格することにより、再取得となります。

ボイラー溶接士って転職に有利?

有資格者は溶接のスペシャリストして求人も多く、
収入や昇格、就・転職などに有利で将来性がある資格といえます。
溶接作業従事者はぜひ取得しておきたい資格です。

ボイラー溶接士の資格があると、下記のような現場での
就職・転職が有利に進みやすくなります。

  • ボイラーの製造工場
  • 発電所
  • 製造業(自動車、建設機材、重機など)

普通ボイラー溶接士仕事内容

  • 第1種圧力容器、フランジや管台の溶接を行えます。
    また、25mm以下のボイラーの溶接が可能です。

特別ボイラー溶接士仕事内容

  • 全ての種類のボイラー、第1種圧力容器の
    製造や改造、修繕を行えます。

ボイラー溶接士の将来性

ボイラー溶接士の収入は比較的高いと言われていますが、
個人の能力と会社の業績により異なります。
能力が低ければ業績の良い会社では採用して
もらえないため、能力次第といえます。

高度な技術や経験を要する高圧ボイラーなどを扱う
溶接士になると、かなり高額な年収を望めるようですが、
そこに至るまでは20年間程技術を磨き、知識を深める努力が必要です。

この仕事は専門職であり、有資格者でないと
従事できない仕事のため、求人需要が比較的高い
傾向にあるので今後も将来性があるといえる資格
です。

まとめ

本記事まとめ。
  • 常に丁寧に確実な仕事ができ、根気がある人向き
  • 普通ボイラー溶接士と特別ボイラー溶接士2種類ある
  • 免許に2年の有効期限があり、更新手続が必要。
  • 有資格者でないと従事できない仕事
  • 求人需要が比較的高い傾向

アーク溶接の仕事従事者で、溶接の仕事に
「やりがい」「楽しさ」「完成度の追及」
を普段から意識されてる方
には、ボイラー溶接士に
向いてると思います。

もし、実務経験が1年以上あるなら是非とも
チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

アーク溶接の資格概要記事は下記になります。