有効期限がヤバイ‼普通ボイラー溶接士の免許更新ってどうやるの?

有効期限がヤバイ‼普通ボイラー溶接士の免許更新ってどうやるの?

「普通ボイラー溶接士の更新ってどうやるの?」
って思ってる資格保持者の方向けの記事になります。

会社都合で取得されてる場合、通知が職場に届かないので
更新時期に気づかずに有効期限が切れてしまう事も
あるので注意が必要
です!!

その場合、下手すると個人で更新手続きすることに
なるかもしれませんので免許更新方法も解説していきます。

本記事でわかる事
  • 普通ボイラー溶接士免許更新方法
  • 個人で免許更新する場合

上記の内容について解説していきます。

ボイラー溶接士の資格概要記事は下記になります。





ボイラー溶接士試験対策について解説している記事になります。

普通ボイラー溶接士免許更新方法


普通ボイラー溶接士の更新方法は二種類あります。

免許更新方法
  • 溶接コンクールにエントリーする場合
  • 溶接コンクールにエントリーしない(しても免許更新には意味が無い)場合

溶接コンクールにエントリーする場合

日本ボイラ協会が年に1度主催している「溶接コンクール」にエントリーして
出場し合格すれば簡単に更新できます。
※開催時期は毎年5月初旬~中旬

溶接コンクールにエントリーしない(しても免許更新には意味が無い)場合

エントリーしない、というかその「溶接コンクール」にエントリーしても、
その際に発行される「溶接技能証明」が使えないといった方もいます。

更新時期によっては溶接コンクールの時期とずれてしまうので、
その時は申請書での更新になってしまいます。

これから溶接コンクールにエントリーしない
(しても免許更新には意味が無い)場合について解説していきます。

溶接コンクールで更新できない人の更新方法


免許更新期日をよく確認してから早めに
準備することを心がけてください!

免許有効期限2ヶ月前頃にやっておくこと

居住している労働局 労働基準部健康安全課にいきます。

労働局へ持っていくもの・貰ってくるもの

持っていくもの一覧
  • 普通ボイラー溶接士の免許証
  • 試験板・テストピース(自分で手配・加工する)
貰ってくるもの
  • 免許更新のための申請書
  • 刻印が刻まれた試験板・テストピース
  • 専用の免許証送付用封筒

※持ってきたテストピースに刻印を打ってもらって持って帰ります。

免許有効期限1ヶ月前頃までにやっておくこと

申込書の記入・必要なものを揃える

申請書に必要なもの
  • 24㍉×30㍉の証明写真1枚を申請書に貼る
  • 収入印紙1,500円分を申請書のウラ面に貼る
  • 専用の免許証送付用封筒に380円分の切手を貼る
  • 住所を変更した場合は住民票の写し

各自で溶接試験

  • 「刻印を打ってもらった試験板」を使って、中板下向溶接を行う(立向溶接はしない)
  • 各自で表の溶接の肉と裏の裏当て金をフライス盤で削る
  • 各自で【図1】の表曲げ試験片と裏曲げ試験片をカットする
  • 各自でそれぞれの試験片を表曲げ、裏曲げする。
    こうして、Uの字曲げされた試験片2種類を作ります。

【図1】

※過去のコンクールや大会でいただいた【溶接技能証明】
【溶接技能証明】を持っているとテストピースによるテストがパス出来ます。
その際はテストピースは持っていかなくてOKです。

免許有効期限1ヶ月切ったらやること

再度、労働局 労働基準部健康安全課へ行く

持っていくもの
  • 普通ボイラー溶接士の免許証
  • 免許更新のための申請書(記入、写真貼付、収入印紙貼り済)
  • 専用の免許証送付用封筒(切手貼り済)
  • 住所を変更した場合は住民票の写し等
  • 各自で作った試験片2種類

更新1ヶ月を切ったら、上記のものを持参し、
労働局に曲げたテストピースの合否判定を受け、
見事合格したら、無事にボイラー溶接士の免許更新が
終わります。

まとめ

本記事まとめ
  • ボイラー溶接士の免許取得は更新を考慮して
    取得するほうが良い。
  • 慣れてない人だと個人で免許更新は、面倒
  • 更新期日が迫っても通知が来ないことがある。

今回は、普通ボイラー溶接士の免許更新について
解説していきましたが、特別ボイラー溶接士
免許更新方法もほとんど同じです。

ただ、更新サイクルを考えて、普通ボイラー溶接士、
特別ボイラー溶接士の資格を取得しないと後々
面倒が増えるかも
なので、まだ資格保持されてない方は、
この記事を参考にしていただけたら幸いです。